柏原

柏原竜二(東洋大)~箱根駅伝史上一番ファンを驚かせた山の神!

二代目山の神柏原竜二。彼の箱根駅伝は壮絶なものでした。
とにかくすごく、「こいつに渡せば必ず1番で往路を終えてくれる」そんな安定感もありました。
箱根駅伝を中心に柏原竜二の凄さを紹介したいと思います。

■柏原竜二のためにあった箱根駅伝

柏原竜二が世間に名をとどろかせたのは彼が大学一年の箱根駅伝でした。

しかしその前から布石は打たれていました。

関東インカレ10000mではモグス、ダニエルと言った歴代の留学人の中でも化け物級のランナー二人に次いで3位入賞を果たしました。
出雲駅伝では1区区間2位、全日本大学駅伝では早稲田の竹澤が持っていた区間記録に2秒差と迫るタイムで木原とともに区間賞を獲得します。

彼は山だけだと思われているかもしれませんが平地でもそのくらい速いランナーでした。

そして迎えた箱根駅伝。当時東洋大学は中堅クラスと言ったところで優勝するなんて思ってもいませんでした。

現に4区が終わって9位。東洋大学こりゃだめだと思っていた矢先まさかの8校をごぼう抜き。
2年前に今井正人が樹立した5区の区間記録を大幅に更新します。ここで柏原竜二の名を知らない駅伝ファンはいなくなりました。ちなみにこの年東洋大学は優勝しました。

そして2年次、プレッシャーがかかる中箱根駅伝で見事前年に自分が樹立した区間記録をさらに更新します。この年も東洋大学は優勝します。

3年次は不調と言われ世間からも冷たい声が響きます。
「柏原はもう駄目なんじゃないか」そんな声がささやかれた箱根駅伝。思うような記録は出ませんでした。

と、世間は見ています。ところが区間賞は獲得しているのです。
その区間で1番速く走ったけどダメだったという評価は完璧に世間の感覚のマヒです。
こんな評価を受けるのは恐らく柏原竜二だけでしょう。彼の凄さがそうさせていたのです。この年はわずかの差で早稲田大学に敗れるも2位でフィニッシュ。

集大成の4年次の箱根駅伝は他をぶっちぎる走りで個人でも区間新、東洋大は優勝とまさに東洋大学黄金時代を築き上げました。

■柏原竜二の人柄は意外!?なアニメ好き

マラソン以外ではアニメ好きとして知られています。アニメ専用のツイッターアカウントを持っているほどです。

兄弟は6人兄弟で双子の兄がいます。東洋大学卒業後は富士通で活躍しています。
巷では彼女が可愛いといううわさが流れていますがこの件に関してはあまり知らないので控えておきましょう。

■柏原竜二の走り…頑張れ柏原竜二!

やはり彼はランナー。最後に走りの話をしましょう。柏原竜二はかなりストイックで常に速くなることを考えています。
私は彼が再び脚光を浴びると信じています。それだけのポテンシャルはもっていますから。何かきっかけがあれば大幅に飛躍する選手だと思いますよ。

彼は2016年のニューイヤー駅伝で富士通を3位にすると言っています。
そして世間の評価は「それは無理」という冷たい言葉しか出てきません。
それでも4年間で東洋大学を3度も優勝させた男の言葉は軽いものではありません。
彼自身区間賞を取って富士通を3位に押し上げ「それ見たことか!」と言って世間をあっと言わせてほしいですね!

頑張れ柏原竜二!